マネジメント社

  マネジメント社は、「知識と実践」の書を厳選発行することをモットーとしています

会社概要

社名: 株式会社 マネジメント社
代表者: 安田喜根
取締役: 安田喜根 山田政宗 松川和秀
監査役: 安永義仁
設立: 昭和50年5月1日
資本金: 1000万円
取引銀行: 東京都民銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・東日本銀行
従業員数: 3名
事業内容: 1.出版物・印刷物・電子媒体等の企画・編集・販売事業
2.出版・印刷・電子媒体制作業務に関するコンサルテーション事業
3.人材育成・能力開発事業
4.人事・労務、販売促進、経営管理に関するコンサルテーション事業
関連会社: 株式会社 評言社
取引取次: トーハン、日販、大阪屋栗田、中央社ほか
決算期: 3月末日
発行点数: 450点(累計)
流通点数: 50点(現在)
特約店数: 200店舗(常備店)

ご挨拶

 マネジメント社は、「知識と実践」の書を厳選発行することをモットーとしています。
 なかでも、シリーズ累計100万部を突破し、いまなお根強いロングセラーを歩み続けている『大橋兵法経営書シリーズ』では、激変する社会経済における経営者の不偏のバイブルとして長く親しまれてきています。このシリーズのうち『名将の演出』『続・名将の演出』『兵法・徳川家康』『状況判断』『兵法・項羽と劉備』の5巻は、読者諸兄の厚い支持をいただき、装丁を新たに復刻版として再版されています。
 また、『異端者の時代』(大前研一著)『ホンダを創ったもう一人の創業者』(大河滋著)『ユダヤの世界支配戦略』(山蔭基央著)『やり直すための自己破産』(川上憲太郎著)『社長の器が会社を決める』(斎藤公一著)『デフレ時代の減収創益経営』(嶋田利広著)といった著作は、時代の求めるテーマに的確に応え、大きな話題を提供いたしました。
 インターネットをはじめとする高度情報社会において、旧態依然とした出版事業のあり方が問われております。他方、出版不況といわれるように、出版業界を取り巻く経済環境は厳しい中にあります。しかしながら、どのような商品形態であれ、そのものの持つ「品質」が高く、ニーズにタイムリーであれば、人々の支持を得ることができる――このことこそ、激変する時代にあって変わらぬ原則であり、良書の厳選発行こそが時代を切り開く出版社の使命と確信している次第です。